前回の日記からすっかり間が空いてしまいましたが、、、
(ま、パソコンの調子も悪いので8月はサボってただけなんだけど・笑)
この10日くらいの間にいろんなことがありました。
ちょっと長くなります。


◆8月27日。
午前3時頃、家のすぐ近くから鳴き枯れた動物の声が聞こえてきました。
実は前日の夜もずっと鳴いていて気になっていたのでちょっと庭に出てみると、
小さく痩せた子猫が目の前にいました。
逃げるそぶりを見せましたがチッチッと呼ぶとこちらへ2.3歩近づいてきたのでさくっと捕獲・笑
抱くと痩せているのがよくわかる。目鼻はキレイだけれどノミはいる。
ホコリまみれで手足真っ黒・笑
バムきなには近づけられないので段ボールに入れ、
食べられそうなものを探すが食パンくらいしかない・笑
とりあえずパンの柔らかいところを水に浸してやってみる、すると、、、




「うまいうまい」言って食べてました・笑
(動画の方の音量を最大にしないと聞こえないかもです)
最後キレ気味に鳴いているのは下できなこがハッハッと息荒く狙っているから・笑

抱いてないとビービー鳴くので膝の上にフリースを乗せてヨシヨシしてやる、すると、、、



モミモミしながら寝ました・笑

午前中のうちに病院に行き、
虫くだしとレボリューション(フロントライン的な)をしてもらう。
体重は416グラムの男の子。生後3週間ってとこみたい。
痩せているのでしっかり太らせてくださいと言われる。
ミルク、離乳食、猫砂を買って帰る。
家に着いてさらに汗だくになりながら猫部屋、猫トイレをつくる。
ミルクを飲ませ眠らせてからやっとバムきなの元へ。(すでに夕方)
猫を捕獲してからほとんど寝てなかったのでみんなでウトウト。。。
夜になり散歩にでも行くか、、とふっとバムさんの足元を見たとき
ポコッと大きな腫れモノがあることに気付く。
昨日はこんなもの無かったのに、、と触ってみるとぶよぶよしている。痛みは無いようだ。
とりあえず明日また病院に行かなくちゃ。

【まさかな話】
30日から遊びにくる予定だった妹がまさかのおたふく風邪を発症・笑
まぁこのあと笑えない状況になるのですが(顔がマツコデラックス状態で高熱つづき)
そんな妹も今日やっと全快した様子です。
どっちにしてもこちらもこの後バタバタだったので良かったのか悪かったのか?笑


◆8月28日。
バムさんの腫れモノを診てもらうため再び病院へ。
ウンチの出ない子猫も一緒。
(何度もウンチスタイルで頑張っているのに出ず。私もコットンでうながしてみたけどダメだった。)
まず子猫から、先生にもしつこくコットンでトントンうながしてもらうもやはり出ない。
もうちょっと食べれば出るかもしれないから様子見で、ということになった。

お次はバムさん。
腫れモノから注射器で中身を採ってみるも水的なものは出て来ない。
再度注射器で今度は組織を採取し検査することに。
そこでいちばん聞きたくなかった診断を聞くことになったのです。

『肥満細胞腫』

パグには多い病気なので日頃からボディチェックには気を使っていたのだけど
こんな形でしかも突然こんな大きく現れるとは想像していなかった。。
ただただショック。。。
しかも出来た場所が後ろ脚のスネみたいなとこ(分かりにくくてすみません)
ほっとんど肉がない部分なのだ。
『肥満細胞腫』をやったことのある人ならご存知だと思いますが、
手術では腫瘍からぐるりと余裕をみて半径3センチくらいまでの肉を切り取るのが通常です。
しかしバムさんのこの場所でそれは不可能。それをするには断脚しかありません。
でもまだまだお散歩が好きで走れるバムさんに断脚は考えられませんでした。
この年でそんなことをしたらそれこそ体力的にも精神的にもダメージが大きすぎる。
先生も同じ意見で、とりあえず手術で取れるだけ取って薬で抑えながら経過を見ましょう。ということになった。
バムさんはそのままレントゲン(脾臓などに転移してないか)、バフィーコート、リンパ節生検などの検査をした。
幸いリンパには転移していなかった。脾臓なども大丈夫だった。
しかしレントゲンにはこの間手術で取ってやっとスッキリしていた結石が再発していた(3つも・・・)
これまたすごいショック。。。。

腫瘍の方は、詳しくは病理検査に出してみないと分からないけど
良性か悪性か、顕微鏡で組織を観る限り確率はほぼ半々だと言われる。
でもほんの少し悪性寄りかもしれない、、、とも。
むやみに脅かすようなことは言わない先生なので胸の中がざわざわした。
とにかく緊急に手術をすることになりました。
今回の細胞腫は大きいので3日間ステロイド注射をして小さくしてから取ることに。
1回目の注射をして帰る。

【ちょっと笑える話】
支払いを待っている間、相方と猫さんは先に車で待っていたのだが
私とバムが駐車場に着くと車中で慌てふためいてる相方を発見。
どうしたのかな?と覗いてみると相方のお腹の上で猫さんが大量のウンチを放ってた。。。。なんで今?笑
なんでも、そわそわ落ち着かないのでよかれと思い抱っこした途端、こうなったそうです・笑
着替えも何にもない相方は上半身裸で運転して帰りました。ほんとお騒がせな子です・笑


◆8月29日。
バムさん2回目の注射。


◆8月30日。
バムさん3回目の注射。


◆8月31日。
バムさん肥満細胞腫摘出手術。

術後、先生から電話をいただいた。
指の間の筋肉にも達していたようでそこも引っ張りだしながら取れるだけ取ったと。
どうやっても皮が繋がらない部分ができたけどそこはかさぶたになって治りますと。
で、もしかしたらそこだけ毛が生えないかもしれない、と。
まぁ手術前から聞いていた話なので特に問題は無し。
病理検査の結果は1週間後。ずっと胸の中がざわざわしている。
日帰り手術なので夜にバムさんを迎えに行く。
傷は深いので痛いのだろうけどとても元気だった、、、というよりギャン鳴きの興奮状態。。。
抜糸は3週間後。それまで2.3日毎に包帯を取り替えに通院。
夕ご飯は食べれないと思っていたのだけど食べていいですよ、と言われ
おやつも何も持って来ていなかったのでコンビニで食パンを買い、帰る道中のおやつに・笑
帰ってから急いでお肉を解凍しモリモリトッピングでねぎらう・笑
でも薬を飲んでもやはり痛いのかハァハァしながらなかなか寝付けないバムさんでした。
ほんと、よく頑張ったねバムさん。

【きなこの誕生日】
実はこの日はきなこの5歳の誕生日でした。
なんにもお祝いしてあげられなかったね。。
バムさんが落ち着いたら盛大にお祝いしよう!!
いつもお利口にお留守番してくれて本当に助かってるよ!ありがとうね きなこ!


◆9月1日。
猫の名前は「ぽんず」に決定。
ランポ、ポアロの ポ つながりで・笑
そんなぽんずの顎の下に大きなしこりが出来ている。。。
今日は病院お休み。どうかヘンなモノでありませんように。。


◆9月2日。
バムさんの包帯を取り替えに病院へ。
しこり抱えたぽんずも一緒。
しこりの正体は膿みが詰まっていただけでした。
大きかったので切って出してもらいました。
切られて戻って来た時はブルブル震えて縮こまっていましたが
おやつに水にひたした食パンをあげたら目を細めて噛みしめてました・笑
ヘンなものでなくてよかった。。。


◆9月6日。
ふたたびバムさんの包帯を取り替えに病院へ。
傷口の経過は良好なよう。
病理検査の結果も届いているので話を聞く。
どうか良性でありますように、、と毎日祈っていたけど、、、
残念ながら悪性でした。グレードII。浸潤性が強いものらしい。
でも今のところ血管にはみられなかったよう。
とにかく今回取りきれてないのが一番の不安要素。
これからは再発や転移に気をつけながらの生活になります。
挙動のつかみにくい悪性腫瘍、、、こう書いてあるのを見ると本当に落ち込むけど、
悲観的にはならず、今までと同じように、いやもっと楽しい毎日を送るだけです。
そしたら悪い細胞ももしかしたら消えちゃうかもしれないし!!
そんな希望も持っています。

バムさんの抜糸が終わり歩行もスムーズになったらまたたくさんお出かけしよう。
療養食を食べても結石が出来るならもうそんな味気ないカリカリはやめて
以前のように生肉食べたり美味しいものを食べよう。
(実際療養食を食べているときのほうが結石の成長が異常に早いのだ。意味分からん。。。)
すべてが良い方向に向かうよう毎日大切に過ごしていきたいと思います。

載せたいバムきなぽんずの写真はいろいろあるのですが
現在パソコンのメモリが少なくなっていて写真が読み込めません・苦笑
バックアップも一苦労で、、、
でも近いうちに更新できるようにしたいと思います。

これからもバムきな、そしてぽんずもどうぞよろしくお願いします♪^^
Img_eccb8e8c9b63a96fa8b623ab0e5c666292644116
見えにくいですが、ここがぷくっと腫れているの分かりますか? 蚊かブヨにでも刺されたか?と思うくらいいきなりの腫れ。
いきなり腫れた、と書いたけれど、
実はこうなる1週間くらい前にこっちの脚だけむくんでたことがありました。
でも次の日には元にもどっていたのであまり気にしていなかったのです。
そしたら何日か後にこの腫れモノが現れた。触るとぶよぶよしてます。

もし、愛犬の体の一部にだけむくむような症状が現れた時は
とりあえず病院に行った方がいいかもしれません。
もちろんみんながこのような診断をされるわけじゃないと思うので、安心のためにも。
Img_706763fd1c09cd6ba9982952554a4634bc09ec69
今まで5匹の猫と暮らしたけど、尻尾がこんなに短い子は初めてだ・笑
とりあえず今日はここまで〜〜。

現在のぽんずは捕獲したときから頭1個分くらい大きくなっています。
今ではきなこと遊ぼうと仕掛けるのもぽんずが先。
2匹でドタドタ走り回っております。
バムさんにも遊ぼうと飛びかかりますが
微動だにしないバムさんのボディに跳ね返されてよくひっくり返ってます(まるでぶつかり稽古・笑)
眠くなるときなこの側か私の足をよじよじと登ってきて膝の上でパタンと寝ます・笑
あー猫のいる幸せがまた味わえるなんて。。。
相方もすっかりぽんずにメロメロで気持ち悪いくらいです・笑
Img_4ebbf158c2b295719d79b02f5ee79e28bdcc6bac
『・・・』  「ばぁぁ〜」
Img_4247411bbcf44efb1a6a07a504aa84686e69e93f
『・・・』  「えへへ・・」
Img_5cf5505c1955f3c06b297fe3e7999576984675f3
なんだかんだきなこのことが好きになっているぽんず・笑
Img_14181ec04d2d347187ee904554391005be29c7a1
「ケリケリケリケリッ」
Img_ccb30fb899b23a4d8efd66dff1814c2d9b7e625a
「カプッ」
Img_f316e6c7e8d2f4cb28e3479fbf8e9f28ba702da5
「ガブーーーー」
完全におもちゃ扱いの私の手。。。
Img_a1f23321ebbf45595c9590e07d5a628bfdf2e7fd
(オレのところに来ませんように。。。)
Img_4222937ccdb2fd3cf3d34e131e95b43a57f37f02
「どすこい どすこーーい!」   『チョ、、、』
Img_13b2e1fd264f06343924809b9de863e9f188be28
「まって、はなせばわかるから。」    『・・・・・・・・・・・・・・』
Img_721d3d5ff1cb11812655ad8ae44625557b6455f0
ぽんず捨て身の攻撃。   「どすこーーい!」 『ギャーーーー』
Img_09f7fe14dccceea7bb86db6690665297b7bf3b6c
(・・・・・・)               「これはなんだ〜?」
Img_ce6197c353a9483fc085595e3f95b5bf4013a4ce
(・・・・・・)               「なんかたのし〜〜」
ぽんずの尻尾は折れ曲がっていて、さらにとても短い。
なので自分に尻尾があることを知らないんじゃないかと思う・笑
Img_30bf2f91c0a0ac9b893c5ed50aafd97a9d323ceb
尻っ 「かめはめ波!」
Img_483525ec0035092f5a66bd73ebdc0c590d93393e
尻っ 「かめはめ派ーー!!」
Img_c2705dd8e2637842ba1b1a8a69f6632b74b406ed
「派ーーーーーーーーーーーーーー!!!」
それ、面白さしか伝わってきませんが・笑
Img_30db62cd71ddd34330127828068257b1b2c6c1ce
指でワニョワニョ攻撃。 「ガブガブ〜〜」
Img_1fc6ad32fe64d832f6f809817883514c9d5ba5b0
「もう いっかい。」
Img_f5d3845f5f2e20e3fb16b83d8921665036035737
バムさんは絶対に危害をくわえない(無関心とも言う・笑)
Img_13cfb5825be3cb7350cfd83f9c37c4a1355f0118
だからぽんずも安心して寝れる。
Img_f3e7bbee2bfebd87e2d621855dc09289bf99af4b
さすがにこれは怒ってもいいと思うよ、バムさん・笑
Img_eed0778b0be22aa8c3f7f699146bbaf3e1d12520
コンビ名:きなことポン酢。
Img_5ad4a9b702b39365fa5d22f77e4ff93f5fcebc20
『ナンデヤネン!』
Img_84a63ae9a247f5d6471fb0117e639e79616240fa
「くるなー」 どこで覚えたのか渾身の尻攻撃を仕掛けるぽんず。  『・・・・・』
Img_70de4cf4fcaa91422ef7ba1ba92904a146191027
でもきなこにはすべてが可愛くみえるよう・笑  『イヤーン モウ カワイイ〜〜』
Img_f7f97bd19be190f28b7275bd9536f390aacd1a0a
おかあちゃん さいこぉ〜。
Img_53618fb7c07220931a9fa3a8fbb8a1d2087bf350
「みるなーーくるなーーー」
Img_02dc69f5a223ddeeefb87103d0931f43c1fe84f8
「ちゃいろいオバサンこわいです・・・」
この頃はみるなり鼻で転がされてたもんね・笑
Img_4eea52a62eba5f11afc21411cbe146d081df702c
バムきなに慣れるまでリビングでは肩乗り生活。
Img_0d74f612cac287c922299ccd94c3a6d732f76741
『ネーネー コッチ ミテーー』    「ぜったい やだ・・・」
Img_ac2756cb1292591c9d6825e77cbf4c5d881886c8
ゆっくりでもいいから慣れておくれよ。
最初はきなこの気配がしただけで「シャァァァー!」と言ってましたが
私が抱っこしていれば近づいても平気になりました。
Img_8c6acce5c78c4298041ab8d6d56810498b657023
ミルクを飲んだら遊びの時間。
Img_3f3605b7c61cb81577c3c1ee3ec70e9e9e55477e
ランポアが忘れてった魚のおもちゃ。
Img_a1bc5a6326b951784d777dfc08aa1391115ca07f
それを雑巾がけのようにダッシュで押して遊んでます。
Img_c881c722adaeb25e4287fb8c81705c726a78663f
ベッドの
Img_e2c54487ec473b2be494c9fcc4ab0ffb9c6715da
下から
Img_3c5751519f7920f9af086f36d104b3233fb5860f
にょい〜〜〜ん。
Img_1dcb4842ad12f7942fb788c6fecb059af35994a6
サークルの中でも安心してこの姿・笑
Img_4f767324a36e69f619c6087fc3685d45ace636e6
私に気づくと口パクのにゃぁ〜(声は出てない)で甘えます。
Img_1d5fca775e4ac5804afc8827f350b8ee8839678f
寝ながらも口パクのにゃぁ〜・笑
とりあえず、捕獲した8月27日から9月9日までに撮った写真を
ざっくりとですがアップしたいと思います。
ランポアの時ほど必死に撮ってないので(笑)あんまりバリエーションがないのですが。。

ちょっと長くなりますがよかったら見てってください。^^
Img_fbe0842490afaaf55c67ea60bc016734565618d9
レボリューションをしてもらったのでまだ体を拭くこもできず埃まみれ。白いはずであろう手足もグレー・笑
Img_76e77ff6ee59e20ee3c6119b4c6e3b8ede88158a
ピーピー鳴くので膝の上に乗せてやったらゴロゴロモミモミ。
Img_9262e082330351d4f862f80ba0a5ad0501bdb105
この猛暑の中、いっぴきでよく頑張ってきたね。
Img_68faa4be04911394d3e7de17154d54dd99fa3088
もう食べ物と寝床のことは心配しなくていいよ。